観光案内

ふるさとの宿付近は自然と歴史がたくさんあります

龍馬脱藩の道

文久2年3月24日、龍馬は国禁を犯して高知から脱藩しました。
河辺の山々を通ったとされる、脱藩の道。

文部省選定の「歴史の道百選」にも選ばれております。
坂本龍馬が日本の将来を憂い、青雲の志を抱いてその第一歩を踏み出した脱藩の道。

時代を動かした龍馬の想いを胸に歴史の道をたどる楽しさを満喫できます。
道中には、景勝地をはじめ、坂本龍馬にゆかりのあるポイントも多数ございます。

本格的な旧街道を歩く部分も、整備されて車で到達できる道もあり、
気軽に、ご家族でもウォーキングを楽しめます。

龍馬や幕末の志士たちが歩んだ道を、決意を胸に新しいスタートを切る。
そんな楽しみ方もできます。

坂本龍馬.jpg

文久2年3月24日、龍馬は国禁を犯して高知から脱藩しました。河辺の山々を通ったとされる、脱藩の道。文部省選定の「歴史の道百選」にも選ばれております。坂本龍馬が日本の将来を憂い、青雲の志を抱いてその第一歩を踏み出した脱藩の道。時代を動かした龍馬の想いを胸に歴史の道をたどる楽しさを満喫できます。道中には、景勝地をはじめ、坂本龍馬にゆかりのあるポイントも多数ございます。本格的な旧街道を歩く部分も、整備されて車で到達できる道もあり、気軽に、ご家族でもウォーキングを楽しめます。龍馬や幕末の志士たちが歩んだ道を、決意を胸に新しいスタートを切る。そんな楽しみ方もできます。

坂本龍馬脱藩之日記念館
別館「才谷屋」の隣に、幕末の軌跡を記した脱藩之日記念館があります。
坂本龍馬が自由人として生き始める第一歩を大洲市河辺町で踏み出したことを
記念して設立されました。

龍馬が通過した河辺町の峠や谷の様子を写真パネルで紹介しながら脱藩ルートを
疑似体験できるコーナーなど、河辺町内の龍馬の脱藩道を、ジオラマなどで立体的にわかりやすく展示しています。
別館「才谷屋」の隣に、幕末の軌跡を記した脱藩之日記念館があります。坂本龍馬が自由人として生き始める第一歩を大洲市河辺町で踏み出したことを記念して設立されました。

龍馬が通過した河辺町の峠や谷の様子を写真パネルで紹介しながら脱藩ルートを
疑似体験できるコーナーなど、工夫をこらした展示で当日の龍馬の心情に迫ります。

別サイトに接続されます。

浪漫八橋
河辺町には屋根の付いた橋があります。雨露をしのぐことができる屋根付き橋は日本ではとても珍しい橋です。四季折々でいろいろな顔を見せてくれる浪漫あふれる屋根付き橋をぜひご覧ください。
1_gokou-min.jpg

御幸の橋

(愛媛県指定民俗文化財)

河辺町北平にある天神社 (テンジンシャ)が創設された 安永2年(1773年)に架設。ケヤキ材使用、屋根スギ皮葺きで クギは一切使われていません。

・橋長8.3m ・幅員2.7m
・木橋、歩行者専用

2_obie-min.jpg

帯江橋

昭和27年(1952年)架設 かつては農産物や農機具の一時保管場所や、住民の憩いの場としても使用されました。

・橋長16.5m ・幅員2.8m
・木橋、歩道橋 

3_mishima-min.jpg

三嶋橋

大正12年(1923年)架設 三嶋神社の神様への信仰心を あらわすため、屋根をつけたといわれます。 

・橋長14.8m ・幅員2.8m
・木橋、歩道橋

4_hounen-min.jpg

豊年橋

昭和26年8月(1951年) 河辺川に架かっていた木橋の 屋根付き橋が、取り壊されること となり、屋根付き橋の材料を住民が 譲り受け小川に移設したものです。

・橋長3.3m ・幅員1.8m
・木橋、歩道橋 ・屋根トタン葺き

5_hureai-min.jpg

ふれあい橋

平成4年3月(1992年) 平成2年度、3年度に施工した河辺ふるさと公園のシンボル施設として 架設したものです。 

中央部が広くなっており、テーブルとベンチが設置され休憩所にもなっています。

・橋長25.8m ・幅員2.0m~4.0m
・木橋、歩行者専用

6_akitaki-min.jpg

秋滝橋

平成9年6月(1997年)龍王橋と同じく、秋滝龍王神社へ通じる道に位置し、集落の生活道として利用されています。

・橋長4.0m ・幅員2.0m
・木橋、歩行者専用

7_ryuuou-min.jpg

龍王橋

平成9年6月(1997年) 秋滝龍王神社へ通じる道に位置し、コミュニケーション空間の場、共同活動休憩所、農産物の仮置き場 などに利用されていたものを、 復元したものです。 

・橋長25.4m ・幅員2.0m
・木橋、歩行者専用

8_ryuushin-min.jpg

龍神橋

平成2年8月(1990年) 三杯谷付近に自然公園を整備する 際、三杯谷の滝の観賞用遊歩道の 一部として架設したものです。

・橋長6.0m ・幅員3.5m
・木橋、歩行者専用

近隣の観光案内

kankou1-min.JPG
①河辺町農林業事業体「やまびこ」

河辺町内に山や畑をお持ちの方達のお手伝いをしています。間伐材を利用した椅子やコースターのオリジナル作品も、お値段も安く人気です!

kankou3-min.JPG
③飛翔の像

新しい日本に向かって脱兎(だっと)のごとく突き進むイメージの3体。中央に坂本龍馬、向かって左に沢村惣之丞(さわむらそうのじょう)向かって右に那須俊平(なすしゅんぺい)がいます。

_V1_4321-HDR-14.jpg
⑤別館「才谷屋」

坂本龍馬の高知城下の本家、豪商才谷屋の名前をつけた純和風の宿です。

詳しくはコチラ

kankou7-min.JPG
⑦ふるさと公園

2面の芝生広場と、野外ステージや、
約100mの藤棚があり、雄大な自然の中で
安らげる公園です。

kankou9-min.JPG
⑨大イチョウ

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)堂横のイチョウは、根回り約4.7m、目通り約3.7m、樹高約20mの雄の大木です。樹勢盛んで、枝には「ちち」といわれる、大きな気根が下がっています。

kankou11-min.JPG
⑪歴史民俗資料館

河辺町で活躍していた道具たちを保存展示しています。木蝋(もくろう)作りの道具や火縄銃など、ジャンルにこだわらず、次世代に残したい資料館です。

k13.jpg
⑬用の山の桜

根回り約6.3m、目通り約5.3m、樹高約10mのエドヒガシの古木です。平年は4月上旬に開花します。

kankou2-min.JPG
②飛石橋

川巾31メートルの河辺川に約27個の飛石を並べ農道として利用していたものです。
ふるさと水と土保全モデル事業により親水スペースとしても利用できるように復元しました。■延長35.5m

kankou4-min.JPG
④坂本龍馬脱藩之日記念館

河辺町に縁のある墨絵作家シゲモトヒデキチさんが、坂本龍馬を描いた墨絵が展示されています。

kankou6-min.JPG
⑥ふるさと生活館

1階に農産物加工室・特産開発研究室、2階に創作研修室・共同学習室があります。
町内外の方が利用できます。

kankou8-min.JPG
⑧龍王秋滝神社

昔、龍が住んでいたという伝説が今も残る魅惑的な場所です。神社の向こうには、美しい「龍王の滝」があります。「龍王の滝」には、大うなぎが2匹住んでいます。

kankou10-min.JPG
⑩三杯谷の滝

キビシ川上流で白い飛沫(ひまつ)を見せています。両岸に迫った岸壁を縫って15mを一気に流れ落ちる滝は、「浪漫八橋」の一つ「龍神橋」から眺めることができます。

kankou12-min.JPG
⑫夜明けの道

近代日本の夜明けに高遠な志をいだいて奔走し、土佐藩を脱藩した際に通ったとされる約15㎞ある河辺村の山道を文化遺産として保存し、龍馬の偉業をしのぶため平成元年に建立したものです。